Pocket

マスターノードやハーベストや単純な利益配当など手段はいろいろありますが、仮想通貨を持っていることで新たな仮想通貨をもらえる通貨がいくつかあります。すさまじい利益率のものも多くありますが、その仮想通貨自体の価値が下がると結果的に資産を減らす可能性もありますし、配当率が高ければ高いほど希薄化を招いていると思いますのでそのあたりも考えたうえで購入したく思ってます。

●マイニング

仮想通貨で必要な計算を代行する代わりに報酬がもらえるマイニングですが、膨大な電力と高性能なPCが必要になるため個人で参入するのはしんどいと思います。

【参考】マイニングとは?仕組み・やり方・儲け方・おすすめ仮想通貨まで解説! | CoinOtaku(コインオタク)

●クラウドマイニング

自分でマイニングせずにお金を出して企業にやってもらう方法です。海外の安い電気代や大規模設備で行うことで個人でやるより効率的にマイニングが可能だと思います。問題は、海外の企業に預けるため倒産・信用リスクや、海外の法律改正などのカントリーリスクなど。

HashFlare – クラウドマイニング
エストニアの企業。日本語対応してます。1年契約。
【参考】ゼロからわかるハッシュフレアのアカウント開設と購入方法|クラウドマイニング | 仮想通貨クラウドマイニングで金持ち父さん
【参考】2018年1月のクラウドマイニング配当実績公開|相場が冷えても心強い収入源 | 仮想通貨クラウドマイニングで金持ち父さん 

GenesisMining – ジェネシス・マイニング
日本語対応してます。現在は、2年契約のイーサリアムとZCASHのみ販売してます。
【参考】“クラウドマイニング”で手堅く稼ぐ-GenesisMiningのご紹介- – ニルスの暗号通貨日記 

Hashperium
イギリスの会社。中国、ロシア、アイスランドでマイニングしているらしい振興。新規登録で135gh/s無料でもらえます。月間利回り300%ぐらいの表記をしていたりとイケイケです。。リファ報酬も大きいのでこれから話題にはなりそう。ハイリスクハイリターンのワンチャン商品な気がします。

日本国内ではGMOが実施することを発表しておりますが、500万ドルからです。。
Z.com Cloud Miningについて | Z.com Cloud Mining 

●マスターノード

マスターノードは、一定数所有していることで建てることができ報酬を得られる制度です。NEMなど有名な通貨も適応されてますが、NEMとかだと現行相場で1億円以上の保有が必要なので現実的ではないですが対応している通貨は下記で確認できます。年間で9000%報酬を得られるものもありなんでもありです。

マスターノードが建てられる仮想通貨の一覧と想定ROIが分かるサイト(英語)
MasterNodes.pro
MasterNodes.online

●Monoeci,XMCC

取引所:CoinExchangeCryptopia
公式:Monoeci (MonacoCoin project)(@monoeci_monaco)さん | Twitter 

xmccは、1000xmccからマスターノード建てれます。全盛期とくらべかなり価格下がってますが、2/28時点で28万円ぐらいで始めれます。1か月前より価格が半額以下になってるので枚数増やしても資産減する可能性があるのでインカム狙いより長期ホールドする前提でやるべきだと思います。現時点で年間想定利回り60%ぐらい。

【参考】Monoeci (xmcc) マスターノードの立て方 (旧MonacoCoin) – 川ユキヒロの仮想通貨なんでも
【参考】Monoeci(XMCC)のマスターノードの建て方を詳しく解説 – スーファミ世代の仮想通貨ブログ

●POSクラウドマイニング

既定の枚数がないと行えないPOSのマイニングをみんなで行うサービス。既定の枚数が必要なく、パソコンをつけっぱなしにする必要のない代わりに手数料3%を払うサービス。XPなどが対応してます。それ以外の対応通貨はこちらで確認してみてください。試しに100,000預けて5日間で340ぐらい増えてました。同じペース継続前提で単純計算年間25%増。

CryptoUnited – POS Commhttp://PoS Coins – CryptoUnited.net https://cryptounited.net/pos-coins/unity Pool 

【参考】POSクラウドマイニングStakeUnited(CryptoUnited)使ってXPのマイニングをやってみた – 仮想通貨投資ブログ 

●NEO

取引所:binance
公式:https://neo.org
ホワイトペーパー(日本語):NEOホワイトペーパー 
ICO情報:NEOI.CO | ICO’s held on the Neo platform 

NEOは、ウォレットに所有するだけでGASを配当としてもらえる通貨です。binanceなどで購入したのちNEOのウォレットに移す必要があります。GASは、binanceなどに上場しており売却可能。それぞれ価格変動しますので単純に年率だすの難しいですが、現時点の相場ですと年間3%の配当率。

ウォレットの使い方。
NEO,GASを保管できる「NeonWallet」の登録、使い方について解説 

現在の配当がわかるサイト。今現在のレートだと年間3%です。
NeoToGas – NEOGAS Calculator、Check NEO Balance&more!

NEOに関しての記事
仮想通貨NEO(ネオ)用途が広がる、2018年ICOのプラットフォームとして次々と利用されることになります。 – お金にとらわれたくないからゼロから学ぶブログ
仮想通貨のNEO(ネオ)は本物か?Ethereumとの違いは?特徴をまとめてみました。 – 丸の内OL3年目 玲奈の仮想通貨の投資ブログ~2018年最新トレンド 

●NEM

NEMは、ハーベストという手段があります。
【参考】仮想通貨NEM/XEMを買ってハーベストしよう!設定方法まとめ | ポインの仮想通貨ハマって(中毒って)ます!! 

●LISK

LISKは、ボーディングという手段があります。
【参考】LISK の VOTINGレポート!実績報告あり – LISK 

●レンディング

取引所に仮想通貨を貸して利益を得る方法です。貸株制度と同じ考えだと思います。デメリットは貸し出し中は売ることができないため価値がその間に暴落したときに損切りができないこと。日本だとコインチェックがやってますがさすがにいまコインチェックに長期で貸し出すのはないかなと思います。
【参考】ビットコイン(仮想通貨)レンディングで高金利を維持 | [コインハック] 
【参考】Yobit(ヨービット)の複利で投資できるInvestBoxがやばい!日利11%のプランをやってみた – 仮想通貨投資ブログ 

●その他配当型トークン

最近ICOが終わって話題になったバンクエラKUCOINCOSSなど取引所の独自トークンなど利益配分する配当型のトークンなどもでてきてます。バンクエラは、一応試しに初期に購入しているんですが、紹介制度が強くそれ目当てのステマみたいなブログが蔓延していたり日本でも広告かなりうっていたりしていたためちょっとあれです。バンクエラはわかりませんが、配当率が高すぎるもの、アフェリエイト要素が強すぎるものはただのネズミ講のババ抜きゲームになる可能性が高いと思うので出口戦略大事だと思います。
また、海外では仮想通貨建ての社債なども登場してますが、配当型は証券とみなされる可能性が高く法整備は整っておりません。
世界初の仮想通貨建て社債、英で登場 利回り10%|マネー研究所|NIKKEI STYLE 

あと、8個ぐらい書くつもりだったのでそのうち追記します!!!!

カテゴリー: 仮想通貨

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です