Pocket

●追記その3

年収300万超えてたらとりあえずアマゾンギフト券もらえる話。【ふるさと納税】

復活したんでこっちで。

●追記その2

金券関係全滅したのでこの記事何の意味もないです。昔はよかったなあの回顧。

●追記

ふるさと納税上限額が10万超える人(独身だと年収700万弱、配偶者控除してる場合は750万弱)は、9月末に追加されたアマゾンギフトが楽で間違いなくおすすめです。下記の文章もうどうでもいいです。
10万単位しかないのでそこがちょっと微妙ですが、10万でアマギフ41,000円の41%還元でわざわざ金券ショップ行く必要なく使いやすいので・・。換金率がめちゃ高いニコスギフトは、9月末時点では終了してるのでアマギフもすぐ終わる気がします。。

アマゾンギフト券(静岡県小山町)100,000円ごとに40,000円

旧タイトル⇒例えば年収1,000万だと現金8.2万円+αがふるさと納税で手に入る話

■ふるさと納税とは

自身の税金支払い額(年収額)に応じて金額が定められており、その上限額分であれば2,000円以外は税金が返ってくる制度。詳しくはふるさとチョイスとか見てください。
単純に題名の結論から言うと控除額全力で三菱UFJニコスギフトカード(茨城県堺町)をふるなびで購入し、残った端数をツーリスト旅行券(大阪府熊取町)購入して金券ショップで転売すると題名の話になります。(独身で他の税控除を受けていない場合)
ふるさとチョイスの限度額の表を基にすると
・年収500万⇒28,950円+600アマゾンポイント(6万寄付前提)
・年収700万⇒49,150円+1,000アマゾンポイント(10万寄付前提)
・年収1,000万⇒83,375円+1,700アマゾンポイント(17万寄付前提)
になるので年収が多いほど還元力強いですね。さらに支払いをポイント還元の強いカードにすれば例えばリクルートカードで17万支払えば1.2%の2,040ポイントはいるのでふるさと納税でかならず取られる2,000円も回収できます。
ノーリスクでもらえるのでふるさと納税しないの本当に損だと思います。
年収や扶養家族数で変わるのでふるさとチョイスとかの早見表やいろんな税控除受けていたら以下のサイトとかで計算してみてください。
【参考】ふるさと納税 控除の目安と限度額の計算方法 – ふるさと納税の「ふるさとぷらす」 

■換金率の高い商品

基本的にはふるさと納税は、年収が確定しないと控除額のマックスが見えないので12月の賞与と残業代が出る年末ぎりぎりのタイミングに行うのが一番効率的だと思います。ただし、2018年9月5日にふるさと納税「3割以下」守らぬ自治体は対象外 制度見直しへと記事が出るなどいつ高い換金率のものが消えるかわかりません。

で、おすすめですが換金性の高い商品券です。金券ショップの換金率はタイミングで変わると思いますので2018年8月時点のを記載してます。そのなかで一番おいしいのは現時点では圧倒的にニコスギフトカードです。ただ、5万円単位なので余った枠をツーリストが最大額。あと、仲介サイトは、特に他のサイトでキャンペーンがなければふるなびが絶対お得です。ふるさと納税額の1%のアマゾンポイントがもらえます。

三菱UFJニコスギフトカード(茨城県堺町)50,000円ごとに25,000円
チケットレンジャー⇒換金率98.3%
大黒屋⇒換金率97.5%
トミンズ⇒換金率98.1%

ツーリスト旅行券(大阪府熊取町)10,000円ごとに5,000円
チケットレンジャー⇒換金率96.5%
大黒屋⇒換金率95%
トミンズ⇒換金率95%

日本旅行ギフトカード(岐阜県池田町)20,000円ごとに10,000円
チケットレンジャー⇒換金率95.5%
大黒屋⇒換金率95%
トミンズ⇒換金率95%

HISギフトカード(静岡県小山町)100,000円ごとに50,000円
HISギフトカード(佐賀県みやき町)20,000円ごとに10,000円
チケットレンジャー⇒換金率94%
大黒屋⇒換金率93%
トミンズ⇒換金率93%

■換金がめんどくさいので家電にする場合の話

そうはいっても換金めんどくさいので家電にしてもいいかなあと思って過去に、ダイソンのドライヤーや日立のロボット掃除機、I Pad miniをもらったことがあります。
どれぐらい還元率の差かを調べてみるとBALMUDA The Toasterがふるさと納税額6.8万円ですがアマゾンでみると27,480円でいま現在売ってます。計算すると大体40.4%の還元でツーリスト旅行券現金化が48.25%なので単純計算すると4,000円ぐらい損ですがわざわざ換金する手間かんがえたら全然ありだと思います。

以下にまとめている人いますけど換金のめんどくささ考えたら還元率40%以上のものでほしいのがあれば家電ありって感じします。
【2018最新版】ふるさと納税おすすめ「家電」還元率ランキング ふるさと納税ナビ♪ 

あとは、肉とか野菜ですがいろんなサイトで還元率記載あるものの元の値段がいまいちピンとこないのであんまり個人的にはお得な気がしないです。。僕は、年末に年収が確定してから端数分を刻む用に使ったりしてます。

■仮想通貨の利益で発生した税に対しても使える

今年、仮想通貨で数百万円儲けたひとって結構いると思うんですがめちゃくちゃ税金取られるじゃないですか。その分もふるさと納税駆使して現金化できます。計算方式自信ないので下記サイトとか見てください。このあたりは年末に計算して調整って感じになる気がします。

仮想通貨の節税対策。ビットコインの儲けはふるさと納税で節税が簡単 | Money Lifehack 

カテゴリー: 日常のおすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です